HOME > SEEDSとは

SEEDSとは

世界適塾の教育研究力を活かしたSEEDSプログラム
〜傑出した科学技術人材発見と早期育成〜

SEEDSは「Sekai-tekijuku Enhanced Education for Distinguished Students」の頭文字をとったもので、世界最先端の科学技術にいち早く触れてみたいという意欲的な高校生向けのプログラムです。
大阪大学での多岐にわたる研究に触れてもらうことで科学に対する小さな好奇心の芽を大きく伸ばしてもらうのが目的です。

SEEDSは次のような高校生に参加していただくことを想定しています。

このような、これから伸びようとする人材(種:SEEDS)に、大学の研究に触れてもらうことで、研究に対する芽(目)を大きく伸ばしてもらうことが、SEEDSプログラムの目的です。

プログラム概要はこちらから (2017.5.10更新)
プログラム概要図
ファーストステップ体感コース
  1. 体感科学技術・体感国際交流
    オムニバス形式の講義と講義後の「めばえ道場」(少人数によるディスカッション)や 最先端科学技術体験ツアー等と留学生との交流など異文化交流体験。
  2. 体感科学研究
    物質系、生命系、数物系、応用技術系の各コースのさまざまな研究や体験に参加。

注意:8割程度以上の出席が望まれます。

セカンドステップ実感コース

2年目のプログラム。大学の研究室に実際に入り、様々な自主研究に取り組み、本物の研究を実感していきます。 ファーストステップ体感コースの受講生のうちで実感コースへ進むことを希望する者の中から30名を、体感コースでの評価をもとに選考します。

育てたい人物像

SEEDSでは、次のような科学の世界に伸びていく人を求めます。